【知らなきゃ損する】爪水虫クリアネイルショットの休止と解約のすべて

クリアネイルショットの休止と解約の仕方って!?

爪水虫ジェルのクリアネイルショットの休止と解約の仕方についてまとめています。

 

クリアネイルショットの定期コースを申し込む前に知っておくと便利です。

 

クリアネイルショットの解約の方法

クリアネイルショットはいつでも安心して解約できるようになっています。

 

クリアネイルショットの定期コースは、スマホやパソコンからいつでも解約手続きが行えます。(お試し定期コースの場合)

 

 

⇒いつでも解約できるクリアネイルショットの公式サイトはこちら

 

 

爪水虫になってしまったら、そのまま放置をせずに、早めに対策をする事が大切です。

 

爪の見た目が悪くなるだけと簡単に考えてしまう人もいますが、爪の状態が悪くなれば、靴を履く事が困難になったり、歩行に影響が出たりする可能性があります。
こうした状態になる前に、対策を行い、症状が進行しないようにしておく事が大切です。ただ、爪というのは、指先を守る為に存在しているものです。

 

ですから、爪の上から薬剤や良い成分を塗っても、爪の奥までは浸透しません。
爪水虫の原因は爪の内側にある為、症状を改善させる為には、爪を超えて浸透させるという事が重要になってきます。そんな通常では難しい爪水虫対策の為に作られたアイテムが、クリアネイルショットです。

 

クリアネイルショットは、オイルを配合する事によって、爪の内側にまで成分が浸透しやすい状態に作られたジェルです。爪の上から塗るだけで、手軽に必要な場所に成分を届ける事ができるので、ケアに手間がかかる事もありません。

 

そんなクリアネイルショットを始めたいと考えたら、公式サイトの定期コースの活用がおすすめです。

 

定期コースは、決まった回数の購入が条件になっているというイメージを持つ人も多いでしょう。確かに、お得な年間コースと基本コースは、決められた回数の購入が条件となっていますが、お試し定期コースは、いつでも気軽に契約を解約できるようになっています。

 

お試し定期コースは、購入回数に対する制限がないのに、単品購入よりも10%も安く購入できるという、とてもお得なコースとなっています。

 

ただ、定期コースの解約手続きは、電話で行う必要があるのではないか、電話をすれば継続するように説得されるのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。

 

そんな不安を持つ人でも、安心して解約できるように、クリアネイルショットの定期コースは、スマホやパソコンから解約手続きが行えるようになっています。ですから、使ってみて合わないと感じたら、気軽に解約をする事ができるようになっています。

 

更に、15日以上使ってみて、効果を実感できなかった場合に返金を受ける事ができる、全額返金保証もついています。

 

それによって、効果が不安という人でも、安心して爪水虫対策を始める事ができるようになっています。爪水虫に悩んでいるのであれば、そのままにせず、まずはクリアネイルショットで対策を始めてみる事がおすすめです。

 

⇒いつでも解約できるクリアネイルショットの公式サイトはこちら

 

 

クリアネイルショットが半額?

同じ商品を買うなら一番お得に買いたい。今ならディスカウントショップが当たり前のデフレの時代ですが、クリアネイルショットは半額では買えないのです。
そのかわり、クリアネイルショットの公式ホームページからお得な通販ができるようになっています。

 

ちなみに、販売元の北の快適工房は楽天にもショップを出していますが、定価品しか置いていませんので、楽天一番のポイントがある人には良いかもしれませんね。
そのクリアネイルショットですが、では公式ホームページから通販をすると半額ではないにしても、いくらぐらいになるのでしょうか?

 

まず単品1本7g1か月分が3,300円です。これは実は病院で出される処方箋で購入する薬の約半額なのです。つまり、薬局品は6,000円ぐらいなのです。
クリアネイルショットは表立って表記できないものの、ちゃんと爪水虫改善のために開発された商品です。

 

クリアネイルショットには「竹酢液」「テルピオネン-4-オール」「シトロネラール」「シトラール」「α-テルピオネール」などの爪水虫に有効とされる天然の成分が配合されていますので、白癬菌に効かないわけがないのです。

 

余談ですが、クリアネイルショットを開発・発売している北の快適工房は東証一部上場企業です。

 

経営状態の審査が厳しく、何年も利益を上げ続けなければ上場できない「東証一部」です。これは企業としてかなりスゴイこと。中小企業ではないので、研究資金も潤沢にあるでしょう。

 

クリアネイルショットの有効成分についてですが、たとえば竹酢液はみずむし、いんきん、たむしの白癬菌感染症にいいと昔から民間療法で使われていました。ハーブの一種ティーツリー精油に含まれる物質のテルピネンには強力な抗菌作用があり、体臭対策やニキビケア用品などにも使われています。

 

トイレの消臭や除菌、虫よけスプレーにも使用されていますよね。だから、白癬菌などの真菌のはたらきを抑制することも判っているのだそうですよ。つまり、クリアネイルショットは「医薬品」ではないけれど、白癬菌を退治することができる成分が配合された商品なのです。

 

化学物質ではないので、体への負担や副作用がほとんど心配いらないのですね。 だから妊婦にも授乳中の女性も使えることがわかっています。

 

北の快適工房(北の達人コーポレーション)さんは「実感主義」といって、本当に効果が実感できるものしか商品化しないことをポリシーとしている会社のようですから、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら

 

 

クリアネイルショットが怪しいと言われる理由

クリアネイルショットが怪しい、本当は効かないなんて言葉をネット上で見たりしませんか?なぜクリアネイルショットが怪しいと書かれてしまうのでしょうか?

 

それはクリアネイルショットが薬ではないからなのです。薬ではない以上、表現できる言葉が限られているために、怪しいと勘繰る人がいるのですね。

 

まず、クリアネイルショットは爪水虫に効きます。そうでなければ、売れていないでしょう。そうそうに製造をやめて他の製品を開発した方がましです。でも、クリアネイルショットは爪水虫に効くからビジネスが続いているのですよね。

 

薬品はその効果や副作用によって細かく分類されています。

 

処方箋医薬品(医師の処方箋が必要)、第一種医薬品(薬局で販売できるが薬剤師がいなければならない)、第二種医薬品(以下は薬局でバイトでも販売できる)、第三種医薬品、医薬部外品と、だんだんと効果がゆるやかになっていき、その分だけ副作用の心配もなくなります。

 

処方箋医薬品なんかは効果が強いかわりに正しく服用しないと健康を害する恐れがあるので、ちゃんと医師の指導の下に服用する必要があるのですね。
でもクリアネイルショットは医薬品ではありませんから、はっきりと「○○に効果があります!」と表記できないのです。薬事法にひっかかってしまうからですね。

 

つまり、ウェブサイト状ではちょっと曖昧な表現になってしまい、「有効成分が浸透して効果を発揮する。」何に?というのがはっきり記載できなくて、怪しいとなるのです。

 

正確には医薬品に分類されないクリアネイルショットは、ほんとうに爪水虫に効果的なのでしょうか?

 

クリアネイルショットは爪水虫治療専用のために開発された商品です。クリアネイルショットは表立って表記できないものの、ちゃんと爪水虫改善のために開発された商品です。

 

クリアネイルショットは「竹酢液」「テルピオネン-4-オール」「シトロネラール」「シトラール」「α-テルピオネール」などの爪水虫に有効とされる成分が配合されています。

 

ですが、薬事法に則って薬にしてしまうことで莫大なコストがかかり、消費者の手に届く時には高い単価となって跳ね返ってきます。
これでクリアネイルショットが怪しいとネット上に書かれることがわかりましたでしょうか?

 

もしあなたが私も爪水虫かもしれないと悩んでいたら、爪が汚いからネイルにも行けないと嘆いていたら、一度このクリアネイルショットを使ってみてはいかがでしょうか?

 

⇒爪水虫クリアネイルショットの公式サイトはこちら

 

 

 

【あなたにおすすめ】クリアネイルショットの解約方法は!?【爪水虫さよなら】